わきが治療で実際に行われること

わきが治療は医師と相談

わきが治療の際には、まずわきがの原因となるアポクリン腺を除去するのが一般的となります。わきがというのは、アポクリン腺という汗腺から体液が分泌され、それが体外に排出されることで皮膚上で反応し、あの独特な匂いに変化します。つまり、その原因となっているアポクリン腺を除去すれば、基本的にわきがで悩まされるということはなくなるのです。もちろん、アポクリン腺に関しても人によって違ってくるので、手術や施術も何が最適なのかしっかり見極めていくことが必要です。だからこそ、わきが治療でおこなわれることに関しては把握しておくことが必要となります。不安な方は、まずは専門の医師と相談して、カウンセリングをおこなっていくようにしましょう。カウンセリングでは悩みの共有はもちろん、自分が思っていることを伝える場でもあります。それらの点もしっかり対応してくれる医師であれば、信用して治療に入っていくことができます。

わきが治療でおこなわれること

わきが治療に関しては、色々な治療方法がおこなわれます。メジャーな方法としては、皮べん法がまず挙げられます。皮べん法というのは、皮膚を切開してアポクリン腺を除去する方法です。簡単な方法なのですが、傷跡や痛みが残るということで、人によっては他の方の方が向いている場合もあります。ただ、皮べん法の場合は保険適用となることも多く、治療費を抑えることができます。その他、自費治療で治療したい場合には、ミラドライ法やクワドラカット法がおすすめです。ミラドライ法は特殊な電磁波を活用してアポクリン腺の働きを抑制する方法となります。クワドラカット法は最小限だけ皮膚を切除してアポクリン腺を除去する方法です。どちらも手術・施術としての質は高いです。ただ、自費治療となるので料金も高くなります。わきが治療ではそれらの方法がおこなわれるので、事前にカウンセリングでしっかり話し合って決めていくことが必要です。

保険適用と自費治療

わきがというのは病気として認定されているわけではないため、保険適用とならない場合もあります。もちろん、保険適用となる場合もあるのですが、その場合は傷痕や痛みが残るなど、気になる点もあるのです。手術や施術の質を求めるのであれば、自費治療を進めるというのも良いです。実際にミラドライ法やクワドラカット法の他、超音波法などが自費治療として知られています。これらの方法だと、仕上がりも綺麗になることが多く、脇を見られても恥ずかしくありません。もちろん保険適用でも手術や施術の質は高いですが、その他の自費治療にも目を向けてみるのが良いかもしれません。